ビットコインを利用すれば通貨交換の手間を軽減できる

従来、通貨というものは、国と密接に結びついているものでした。
円という通貨は日本という国が管理していますし、ドルという通貨はアメリカ合衆国という国が管理をしています。
そして、それぞれの国がそれぞれの国で管理している通貨を基本の通貨として、国内で日々のお金のやりとりを行うのです。
そして、もしも海外の通貨でお金のやりとりをしたいと思ったら、取引所にて、いくらかの手数料を支払って別の通貨のお金に交換することになります。
海外の通貨でのお金のやりとりをめったに行わず、使いたい海外通貨も1つだけしかない方ならば、この交換作業を特に面倒に感じることはないでしょう。
しかし、例えば、来週にはこの国に旅行に行き、再来週はまた別の国に旅行に行く予定があるという場合、まず円から来週に行く国の通貨へと交換し、次に再来週に出かける国の通貨へと交換する、というように何度も交換作業を行う必要があって、面倒に感じてしまうのではないでしょうか。
そんなときに役立つのが、ビットコインです。
ビットコインは特定の国によって管理されることがない世界共通の通貨として構想された仮想通貨となっています。
ですから、この通貨のウォレットを持っている人同士でのお金のやりとりや、この通貨での支払いを受け付けている施設での支払いであれば、国に縛られることなく行えます。
つまり、先ほどの例で言うならば、来週行く国と再来週に行く国がビットコインでの支払い可能な施設が多い国であれば、円からこの通貨へと交換するだけで2つの国への旅行を問題なく行うことも可能になるということです。